医療パパのトリセツ

大切な家族と「確かに!」学び得た成長をトリセツにするブログ

インフルエンザ病院受診のベストタイミング

こんにちは、はるとり(@iryopapa)です。

最近急に寒くなり、マスクを付けている人が増えてきました。

息子の小学校でも隣のクラスが学級閉鎖になったと聞き、いよいよインフルエンザのシーズンになったと身近に感じていました。

f:id:harutory:20181223053727p:plain

引用先:かわいいフリー素材集 いらすとや

そんな「はると」が今朝からゲホゲホ咳が出ているではありませんか!?

 

熱も朝37.5℃が昼38.3℃!まさかまさかの我が家にもブーム到来!?

 

運良く?私が振休のため(良かったぁ)、共働きの嫁は心配していましたが本日が私がはるとを病院に連れていくことになりました。

 

検査の結果は「インフルエンザA」でした。

 

以前のインフルエンザ検査では陰性(インフルエンザではない判定)になった経験があり、

検査するタイミングに影響があるのか知見を得ましたので転記したいと思います。

 

私も初めてインフルエンザに罹りました

昨年、初めて私がインフルエンザに罹ったときに迅速検査したのですが、陰性だったので、そのまま体にムチ打って働いていました。

 

いよいよ階段上り下りの辛さが増してきたので病院に再受診。→結果インフルエンザ陽性。

 

おいおーい!?と言いたかったのですが元気も無く、ドクターからは「検査するタイミングが早かったんだね(笑)」と。。。

 

インフルエンザ迅速検査のタイミング

【昨年の私】

  • 職場で寒気がしてきたので、職場向かいにあるクリニックに直行!(発熱直後=0時間?)

昨年もインフルエンザが蔓延してきた時期で、たまたま中抜けできるタイミングがあったので受診しましたが、陰性でした。

 

その後、3日後くらいに再受診して陽性と判明したときの周りのバイキン扱い具合はご想像の通りだと思います。。。

 

【今回の息子】

  • 受診前日、隣の席の友達が具合が悪いとのことで保健室に付き添うナイチンゲール精神を発揮!(えらい!)
  • 受診当日、朝37.5℃にて様子見るも、お昼38.3℃!病院直行!(発熱後8時間くらい経過?)

病院がお昼診察開始が14時ということもあり、午後受診となりました。

 

インフルエンザ迅速診断検査の知見(論文)

調べてみると「発症12時間以降48時間以内の施行が最適」と知見を得ました。

インフルエンザ迅速診断を活用し治療に役立てるためには,確実に診断された患者に比較的不利益を与えずに治療できる発症12時間以降48時間以内の施行が最適であると考えられた.

 

しかし、「これはインフルエンザだと思うから○○時間後に受診しよう!」なんて判断は困難です。

 

もう一つ「発症12時間以内は陽性が出ないは誤解」というニュースも見つけました。

www.m3.com

(最終閲覧日:2019年1月19日)

 

別の論文では迅速検査キットに頼るだけでなく、臨床症状で判断することも求められるともありました。

 

確かに迅速検査キットで陰性だった私でしたが、予防的に抗インフルエンザ薬を頂きました。ドクターさまさまです。ありがとうございます!

 

抗インフルエンザ薬の効果

インフルエンザ発症12時間の理由は理解しましたが「48時間以内」の理由は薬の効果によるものでした。

発症後 48 時間以内の使用が原則であるが、重症化のリスクが高く症状が遷延する場合は発症後 48 時間以上経過していても投与を考慮する。

(最終閲覧日:2019年1月19日) 

 

【追記(2019年1月19日)】

  • 新抗インフルエンザ薬(ゾフルーザ)の副作用について

一回服用で非常に便利で、息子にも処方していただいたのですが、20%位に耐性ウイルスが見られる情報が出ています。

yomidr.yomiuri.co.jp (最終閲覧日:2019年1月19日)

 

しかし、ウイルスと薬の戦いは昔からなので必然なのかもしれません。

Q.11: インフルエンザの治療薬にはどのようなものがありますか?

インフルエンザに対する治療薬としては、下記の抗インフルエンザウイルス薬があります。

  • オセルタミビルリン酸塩(商品名:タミフル等)
  • ザナミビル水和物(商品名:リレンザ)
  • ペラミビル水和物(商品名:ラピアクタ)
  • ラニナミビルオクタン酸エステル水和物(商品名:イナビル)
  • アマンタジン塩酸塩(商品名:シンメトレル等)(A型にのみ有効)
  • バロキサビル マルボキシル(商品名:ゾフルーザ)

 ただし、その効果はインフルエンザの症状が出始めてからの時間や病状により異なりますので、使用する・しないは医師の判断になります。また、アマンタジンは、ほとんどのインフルエンザウイルスが耐性を獲得しており、使用の機会は少なくなっています。

引用先:インフルエンザQ&A|厚生労働省

(最終閲覧日:2019年1月19日)

 

息子は次の日には元気になりました!

 

本日の「確かに!」

  • インフルエンザは発症後48時間以内に病院受診した方が良い!

 

でも、インフルエンザか判かならいよねぇ〜(笑)

  


最後まで読んでいただきありがとうございます!

当ブログの記事に共感をいただけましたら、 また読みにきて頂けると大変うれしいです!